TryLearn More

Use SIP trunks, WebRTC & Apps

Slash your Phone Bill by 80%

ホステッド PBX プロバイダを探す上で検討すること

ホステッド PBX 企業は、基本的にサードパーティ製 PBX プロバイダに電話システムの運用を任せており、作業の大部分を処理してもらいます。

最大の利点はコストと、小規模な企業がユニファイド コミュニケーション ソリューションを採用した場合に発生するネットワークの問題に対処できることです。中小企業は VoIP と UC (ユニファイド コミュニケーション) を内部ネットワークに設定するための帯域幅がないので、急にサービスの品質を心配する必要が現れます。ホステッド PBX プロバイダは、このビジネス上の難題を解決してくれます。また、ホステッド PBX プロバイダは企業により管理されますが、専用の人員を雇う必要はありません。
電話システムに関連する問題を社内で対処しなくても良いので、5〜10 本の接続がある中小企業にとってホステッド PBX は理想的といえます。責任と管理をホステッド PBX プロバイダに任せることができます。

他のサビースプロバイダと同様に、自社のニーズに合ったものを見つけるために行うホステッド VoIP / PBX プロバイダの調査および比較のやり方は顧客次第です。

第一に、企業はモバイル イニシアチブに対応する PBX プロバイダを探す必要があります。デスクトップ電話システムがスマートフォンやその他のモバイルデバイスと対話できるように着信を転送することは重要です。しかし、モバイルデバイス上でユーザーに完全なデスクトップクライアントを提供することを基本とするベンダーから、機能の充実したアプリケーションを入手することも可能です。BYOD (個人デバイスの業務利用) ポリシーを採用していて、ユーザーがモバイル VoIP / PBX クライアントを使用できるようにしたい企業とって、これは特に有用です。

信頼感があり、ユーザーに合った顧客サービスを提供しているプロバイダを見つけることも重要です。

たとえば、ある企業が異なる方法で処理される別々のキューを持ちたい場合や、異なる転送ルールを設定したい場合があります。ホステッド PBX プロバイダが複雑さを理由にこうした要求に応じられない場合は、上手く行かなくなります。市場で優れた実績を示しており、まだ規模が十分に小さいためそのようなサービスを提供できるプロバイダを探しましょう。

3CXの無料体験はこちら

オンプレミスをダウンロード-クラウドを試す