TryLearn More

Use SIP trunks, WebRTC & Apps

Slash your Phone Bill by 80%

ホステッド PBX と自社運用 PBX の比較

多くの企業は自社運用 PBX とホステッド PBX のどちらを購入すれば良いか悩んでいます。両者の特徴を比較してみましょう。選択は、企業の規模と、PBX から取得したいメリットによって異なります。

決断を下すためには、両 PBX の明確なイメージを持つべきです。以下ではホステッド PBX と自社運用 PBX それぞれの利点と欠点を挙げています。

ホステッド PBX

  • サードパーティのプロバイダが提供する PBX であり、ホステッド PBX の実行とアップグレードに関わるすべての責任はサードパーティが負います。
  • ホステッド PBX の実装、稼働、メンテナンス費用は削減されます。
  • ホステッド PBX の場合、帯域幅などのネットワーク問題を心配する必要がありません。ユニファイド コミュニケーション (UC) と VoIP に対応するための帯域幅を持たない SMB にとって、このことは特に重要です。
  • 電話システムを管理する人員の必要がないので低コストを実現できます。
  • 電話システム、内線の追加等を実行するのにトレーニングを受ける必要はありません。PBX プロバイダがエンドユーザーのためにすべてを処理します。
  • アップグレードはすべてメンテナンス費用に含まれ、PBX プロバイダによって自動的に行われます。

自社運用 PBX

  • エンドユーザーが自分で電話システムを制御できる度合いが比較的大きいです。
  • 自社運用 PBX を企業が運用する他のソフトウェアシステムと統合することができます。例えば、CRM システムがこれに当てはまります。
  • 自前の電話システム、ユニファイド コミュニケーション プラットフォーム、VoIP をホストするために必要なインフラストラクチャ、帯域幅およびネットワーク設定をすでに備えている大規模な組織に理想的です。
  • 内線の追加などの簡単なタスクを行うためにサードパーティの PBX プロバイダに依存する必要がありません。
  • 電話システムのデータと設定はすべてエンドユーザーが管理します。

3CXの無料体験はこちら

オンプレミスをダウンロード-クラウドを試す