TryLearn More

Use SIP trunks, WebRTC & Apps

Slash your Phone Bill by 80%

TDM PBXとは何ですか?

TDM(時分割マルチプレクサ)PBXは、最も長く存続しているように、音声インフラストラクチャの最も一般的なタイプの一つです。現代のサーバー技術が発明される以前に設計され、TDM PBXは独自で自己完結型のシステムで構成されています。

特定の機能を実行することができる多様の異なるボードとキャビネットを含み(例えば、インターコム機能ボードやアナログ拡張ボード)、TDM PBXは、そのライフサイクルの終わりにきています。TDM PBXはボードは、すべてにおいて同じベンダーを使用することでユーザーを囲い込み、全体的な構造として同じベンダーからのシステムとのみ互換性があります。

TDM PBXは、大規模な保守だけでなく、それを管理できるように専門のスタッフを必要とします。これは主に、まだネットワーク配線へのアップデートへ至っていない企業で使用されています。

TDM PBXとIP PBXとの主な違いは、TDM PBXが物理スイッチを使用するのに対し、IP PBXはコールをルーティングするために、インターネットプロトコルを使用していることです。さらに、IP PBXはスケーラブルであり、ベンダーの囲い込みを受けず、大幅な電話コストを削減することができます。

3CXの無料体験はこちら

オンプレミスをダウンロード-クラウドを試す