TryLearn More

Use SIP trunks, WebRTC & Apps

Slash your Phone Bill by 80%

VoIPの定義

VoIP とは、Voice Over Internet Protocol(ボイス オーバー インターネット プロトコル)を意味する頭字語でインターネットを介した音声通話を意味します。これは、インターネット プロトコール(IP)ネットワークを介して音声通信と複数メディア セッション(テレビなど)を可能にする技術です。

一番初めの VoIP サービス プロバイダーでは、長年使用されてきた電話ネットワークのアーキテクチャを反映したソリューションが提供されていましたが、第二および第三世代のプロバイダーでは非公開ユーザーを対象とする閉じられたネットワークを内蔵することで、無料通話を提供するか、従来の電話ネットワーク アーキテクチャとはまったく別のものを使用してきました。VoIP ソリューションを利用することで、ユーザーが電話をかけたい際は、インターネット上にある 2 つのドメインでユーザー間の動的相互作用が可能となります。VoIP を介して電話をかけるには、ユーザーは ソフトウェアベースの SIP 電話プログラム か、ハードウェアベースの VoIP 電話 が必要になります。電話による通話はどこからでも誰にでも可能です。VoIP 番号にも、PSTN 電話番号にもかけることができます。

従来の銅線を用いたシステムに変わり、VoIP システムの導入を決めた企業には、特に、月額の電話料金の削減、モバイル機能の強化、生産性の向上といった数多くのメリットがもたらされます。2008 年、世界各地で導入された新規 PBX 回線のうち、80% がVoIP です。

企業向けの VoIP ソリューションには、ユニファイド コミュニケーション 機能も搭載しています。この中には、ウェブ会議、プレゼンス、Fax、音声メールから電子メールへの伝達、インスタント チャット等の機能に加え、スマートフォン クライアント もありますので、従業員はオフィス以外の出先からでも応対することが可能です。スマートフォン クライアントでも、ユーザーがオフィスの内線番号を使用する場合、ユーザーの携帯電話から発信したり、受信するために VoIP も使用します。

参考文献

VoIP 電話 / SIP 電話の種類

VoIP ゲートウェイの説明とその使用方法

3CXの無料体験はこちら

オンプレミスをダウンロード-クラウドを試す