The Empowered Receptionist
3CX Switchboard
Out of the Box Failover
Eliminate Data Loss and Downtime
Smartphone Clients
Reinvented for V14
V14 Wallboard
Real-Time Queue Statistics
Learn How to Use 3CX
With our Free Webinars
Free 3CX Certification
Boost your 3CX knowledge

ウェブRTC

今日、70億人のうち、25億は常にインターネットに接続されている。スマートフォンのデバイスを使用して、殆ど何でもできるという事で、スマートフォンやタブレットの利用が飛躍的に増加している。当然、より良いコミュニケーションが必要となった今はWebRTCの出番です。

WebRTCはウェブリアルタイム通信の略です。基本的にリアルタイムマルチメディア通信機能を直接にWebブラウザに埋め込むためのオープン·スタンダードです。オープン•スタンダードなフレームワークは、クライアント·ソフトウェア、プラグインやダウンロードの必要がなくなります。 WebRTCの活動はW3CでAPIレベルで標準化されて、IETFでプロトコルレベルで標準化されています。

WebRTCはChromeとFirefoxのブラウザで高度な実装を持つ進行中の作業である。 WebRTCはGoogle Chrome、Mozilla FirefoxやOperaにサポートされています。 WebRTCを作成する理由は、ローカル能力とローカルストリームを公開する際に生じるプライバシーの問題を攻撃する為です。

WebRTCを利用すると、企業は信頼性のある安全なエンタープライズクラスの通信を保証することによって企業のコミュニケーションを変革できます。WebRTCは企業の「オンライン会議、ビデオコラボレーション等を向上させることが出来ます。

Disruptive Analysisは、2018年の終わりまでにWebRTCの個人ユーザーが10億に達し、WebRTCを使用出来るPCスマートフォンやタブレットは約47億に達すると示唆しています。

WebRTC FAQにはWebRTCについてのよくある質問と回答があります。