PSTN から SIP トランクへの移行SIP トランキングの説明

信頼されていた旧来の PSTN に終わりが見えてきています。アナログ、ISDN BRI、E1 または t1 回線のいずれであれ、電話方式は PSTN からより新しく柔軟性の高い SIP トランクに移行しています。

大手通信プロバイダ各社は旧型の PSTN 機能を不採用にする動きを早め、顧客が利用する電話方式を IP に移行させるように促しています。そのため、SIP トランクおよび電話システムが近い将来アップグレードされていくのは間違いないでしょう。

ベライゾンでは、2018.年までに米国内の ISDN を段階的に廃止する予定です。イギリスでは、ISDN 回線は、2007 年の 470 万回線から、300 万回線以下にまで減少しており、その傾向は加速しています。2017 年までには、BT、KPN、France Télécom、Deutsche Telekom、Telecom Italia などの大手電話会社は、ISDN 回線のサービス提供を停止する予定です。

その結果、セッション確立プロトコル (SIP) トランキングの割合が 2015 年に前年より 62% 増加しました。増加した地域は主に北米地域でした。SIP トランクへの移行は、一企業にとっては非常に有益です。本ガイドでは、SIP トランクの説明、その利点、そして移行方法について述べます。

SIP トランクについて

本質的には、SIP トランクは SIP プロトコルを使用して IP を介して実行される電話回線トランクを指します。この標準プロトコルを用いることで、通信サービス (VolP) プロバイダは複数のチャネルを顧客の PBX に接続します。電話番号と DID は SIP トランクにリンクされます。多くの場合、番号は SIP トランクにポートできます。

SIP トランキングの利点

PSTN に別れを告げることで、企業は多くの利点を得られます。SIP トランクの利点:

  • より安価な回線と DID の月額レンタル料金 – SIP トランクにより、オフィスに取り付けられている多くの回線が原因の高額な月額使用料を大幅に削減することができます。DID コストも同様に大幅に低減されます。
  • より安価な電話料金 – SIP トランクのプロバイダは数多く存在して競合しているため、電話料金がかなりお得になります。通話制限のない SIP トランクもあります。
  • より良い顧客サービス – より多くの地域番号および国際番号を追加することで顧客サービスの質を向上します。使用する SIP トランクに番号を追加し、IP PBX に終端接続することだけで、コストを大幅に節減しながら、ダイヤルインする顧客に対してより多くの選択肢を与えることができます。コミュニケーションの障害を取り除き、売上を伸ばします。
  • オフィスを移転しても番号を変更する必要はありません。SIP トランクは位置を定めないので、オフィスを移転する場合でも周辺機器を変更したり顧客に新しい番号を伝える手間が省けます。電話転送のために通信会社に料金を支払う必要がなくなります。
  • VoIP ゲートウェイの排除 – SIP トランクを利用すれば VoIP ゲートウェイを購入および管理する必要がなくなります。すべての通話が IP 経由で行われます。余計な変換をする必要がないことは、通話のクオリティも向上することを意味します。
  • 最新の IP PBX の活用 – 最新の IP PBX / 統合コミュニケーション ソリューションは、顧客に生産性、モビリティ、および売上の向上をもたらします。IP PBX を SIP トランクに接続することは PSTN 経由よりも格段に容易です。
  • 柔軟性 – 通話件数の増加に対応するために、お使いの SIP トランクにチャネルを追加することは簡単です。シンプルな電話によりチャネルを追加することができます。多くの場合、これが直ちに行えます。回線を増やすために追加回線を取り付け、旧来の PBX をアップグレートさせるのにかかる手間と比較してみてください。
  • 正確なチャネル数 – SIP トランクにより、必要に応じて適切なチャネル数を簡単に選択できます。これに対し、ISDN/T1 の場合、回線を 15 本または 30 本追加するか選択する必要がしばしばあります。回線の多さは最終的に費用が高くなることにつながります。

適正な SIP トランク プロバイダを選ぶ

次のステップは、必要な SIP トランクを供給する、SIP トランク プロバイダを選択することです。これを決める際はいくつかの要因を基準に行いましょう:

  • セキュリティ – SIP トランクはインターネットに接触するので、SIP トランクのために安全性の高いネットワークと不正防止システムが確立されていることは非常に重要です。不正防止システムはシステムの監視を行い、不正な通話を遮断しなければなりません。
  • 独自のネットワーク – SIP トランクのプロバイダが自社独自のネットワークを実行しているか再ブランド化したサービスかどうかを判断します。他のプロバイダによる SIP トランクを転売している企業が多数存在します。自社のサービスとネットワークを制御できているプロバイダを選びましょう。
  • コストパフォーマンス – コストはサービスの種類によって大きく変わります。SIP トランクの利用に多額の請求をするベンダーもいます。コストパフォーマンスを調べるのはもちろんですが、SIP トランクサービスのビジネスクオリティも確認してください。例えば、インターネット電話ショップに比較的低いクオリティを安価で提供している通信プロバイダもあります。コスト面を意識しつつ、ビジネスクラスのサービスのために料金が追加されることも想定しましょう。
  • 番号のポーティング (移植) – 選択したプロバイダは、あなたの電話番号を移植することができますか?選択するプロバイダで既存の番号をすべて移植できるか確認しましょう。すべてのプロバイダが全地域を対象に移植できるわけではありません。

インターネット接続環境のアップグレード

SIP トランクのプロバイダを選択したら、次はその SIP トランク専用のインターネット回線を検討します。ファイアウォール機能の大半が複数の WAN 接続に対応できます。また、ほとんどの場所でインターネット接続コストが安く抑えられることを考慮して、個別の VoIP 接続は、VoIP 通話の質を保証する上で最も信頼度が高いでしょう。

しかし、SIP トランクのプロバイダによっては、すでに専用のインターネット回線によるサービスを用意していることもあります。これにより音声トラフィックとデータトラフィックを分けることができます。選択基準は、コストとお使いのネットワーク インフラストラクチャによって大きく変わります。お使いのファイアウォール機能が最新の状態であり、VoIP トラフィックを適切に処理できる能力があるか確認してください。

PBX から IP PBX へのアップグレード

おそらく、信頼を寄せていた旧来の PSTN 回線は別の信頼できる旧来のデバイス、すなわち PBX に接続されていることでしょう。このデバイスは柔軟性に乏しく、管理が難しく、そして費用が高くなることがしばしばあります。技術的には、旧来の PBX から SIP トランクに通話できるゲートウェイを購入することは可能です。しかし今は、最新の IP PBX にアップグレードし、その柔軟性と新しい IP 電話機能を活用する時期が到来しました。コスト節減から生産性向上や売上増大に至るまで、アップグレードの理由は数多くあるかもしれません。これについて更に説明しましょう。プロバイダを決めたら、次に IP PBX の種類を決めます。選択肢には、ホステッド型、設備またはソフトウェアベースがあります。

 

ソフトウェアベースの PBX の利点を見つけよう

このホワイトペーパーではソフトウェアベースの電話システムを持つことの利点について説明します。ノーテル、Mitel、アバイヤ、アルカテル、シーメンス等の企業の独自リューションや、実は複雑さを隠している Linux のカスタムディストリビューションを基準にした設備ベースのソリューションから、主流の商業的にサポートされているオペレーティングシステム上で実行する「真の」ソフトウェアベースのソリューションに移行する理由について、記述しています。

ホワイトペーパーのダウンロード