VoIPゲートウェイとは何か?

VoIPゲートウェイとは、テレフォニートラフィックをIP変換し、データネットワーク上で転送することを可能にする機器です。使用方法は2種類あります。

1. PSTNや電話の着信回線をVoIP / SIPに変換:

これにより、VoIPゲートウェイは通常の電話網を介して通話を行うことを可能にします。多くの企業にとっては、音質の良さや普及率の観点から従来の電話回線の方が好ましいと言えるでしょう。

2. 従来型のPBX / 電話システムをIPネットワークに接続:

これにより、VoIPゲートウェイはVoIPを利用して通話を行うことを可能にします。VoIPサービスプロバイダーを通して電話の発信を行ったり、多数のオフィスを持つ会社では、インターネットを介したコールルーティングを行うことにより、オフィス間の通話コストの削減が可能になります。VoIPゲートウェイには、外付けユニット型のものとPCIカード型のものがありますが、外付けユニット型の方がより一般的です。VoIPゲートウェイには、IPネットワーク用のコネクタと、電話線を接続するためのポートが1つまたは複数備わっています。

mediatrixgateway

Mediatrix製のアナログVoIPゲートウェイ

VoIPゲートウェイの種類

1. アナログユニット:アナログユニットは通常のアナログ式電話機を接続する際に使用します。アナログユニットには、接続回線数が2本のものから24本のものまであります。

2. デジタルユニット:デジタルユニットはデジタル回線を接続する際に使用し、BRI ISDN回線(ヨーロッパ)、PRI / E1回線(ヨーロッパ)、又はT1回線(USA)を1本またはそれ以上接続することが可能です。

VoIPゲートウェイ製造会社

近年VoIPゲートウェイの普及率が高くなり、需要の増加に伴い価格も大幅に低下してきています。アナログVoIPゲートウェイなど、安いものだと200ドル程度で入手出来ます。VoIPゲートウェイの製造を

これらの製品は、VoIP製品の販売を行うオンラインショップで購入出来ます。

IP PBXシステムVoIPフォン/SIPフォンの種類、 VoIPゲートウェイ とその使用方法に関するページもご覧ください。